専門学校の留学ビザ更新が難化し、学生のビザ更新を行政書士と連携を模索

先日、東京福祉大学系列の専門学校で、定員を大幅に上回る留学生の受け入れが発覚し、名古屋入国管理局より『留学生の在籍管理を適正に行っている(適正校)』の認定が取り消されました。


今後は、さらに留学ビザの認定や更新が難しくなることが予想されます。


また、この学校に限らず、専門学校のビザの更新も少しずつ厳しくなっています。


学校の出席率が悪く、在留資格の更新ができない場合だけではなく、週28時間を超えるアルバイトをしているために更新ができなくなるケースもあります。


これは、留学生だけではなく、雇用する側や学校側の留学ビザについての知識不足からくる問題でもあるかと思います。


上記のような問題があるためか、最近は、学校側の相談も増えてきています。

今までは、学校がビザ申請を行うことが一般的でしたが、留学ビザ更新が難しくなるにつれ、行政書士との連携を模索する動きが出てきているようです。


#留学ビザ #在留資格




53回の閲覧