愛知県内における外国人労働者の最新情報

先日、愛知県内の外国人労働者にかかる意見交換会が実施されました。


愛知県内に在留する外国人は251,823人(前年比7.5%増)となっており、愛知県ない総人口に占める外国人の割合は3.3%となっております。

国籍別ではブラジルが全体の22.6%を占めており、全国のブラジル人在留者数の28.9%が愛知県内に在留しております。 ついで、中国籍18.6%、次いでベトナム国籍18.2%となっております。近年では、ベトナム国籍の労働者が非常に高い増加となっています。

技能実習生や資格外活動(留学)ではベトナム国籍が全体の40%程度を占めており今後もベトナム国籍の労働者が増えることが予想されます。


また、産業別では製造業が全体の半数近くを占めており、専門的な技術を持ち就労している割合はベトナム国籍と中国籍が圧倒的に多くなっています。


当社では、ベトナムや中国の人材開発会社と連携し、優秀な人材を発掘・ご紹介しております。 また、優秀な外国人材は日本国内にも留学生やすでに就労している方がたくさんいます。


外国人を雇用したいが、どのような業務でどのような人材を雇用したらいいのかお悩みの企業様は、ぜひ当社までお問い合わせください。


当社では、技能実習から就労ビザまで豊富な知識を持ったコンサルタントが企業様のお悩みを丁寧にヒアリングし、一緒に考えながら、最善の外国人材活用方法をご提案させていただきます。