留学ビザから就労ビザに変更する時期とは? 卒業前にも申請できる?

2020年卒業の外国人留学生も、内定がでてインターンの予定が出てくる頃ではないでしょうか。

まだまだ、卒業まで時間もあるからと、思ってませんか?

内定先でインターンや研修をしている間に、あっという間に4月になります。

入社までに、留学ビザから就労ビザの変更が出来てない・・・

  それでは、気持ちよくスタートできません。


卒業前の留学生でもきちんと要件を満たすことが出来れば、就労ビザを申請して4月入社式に間に合わせることが出来ます。

卒業前に申請するには『卒業見込み証明書』の提出が必要になります。 大学にもよりますが、12月頃なら卒業見込み証明書が発行されるのではないでしょうか。 ただし、実際に就労ビザが取得が出来るのは卒業証明書を入国管理局へ提出してからになりますので、ご注意ください。


内定がでたら、引越、ビザの変更など日本で働く準備を余裕を持って行いましょう。


行政書士法人パートナーでは、ビザなどの国際業務の経験豊富なスタッフが多数在席しており、実際に留学ビザから就労ビザへ変更をしたスタッフもいます。 まずは、お気軽にお問い合わせください。


行政書士法人パートナー 名古屋市中村区(名駅徒歩1分) 052-485-4678 email : info@partnerhd.co.jp





16回の閲覧