経営管理ビザと貿易業

最近、経営管理ビザの審査が厳しくなっています。

特に、輸出を主とした貿易業に対して、事業計画の現実性がかなり厳しく審査されています。 4ヶ月のビザだからと言っても、現実性のない事業計画では許可はおりません。

日本の化粧品や雑貨の輸入業者は沢山存在しているため、それらの業者と差別化できない限り、現実性のある事業計画とは判断されないでしょう。

事業を競合他社といかに差別化するか! そこで、事業計画の信頼性があがり、ビザ取得に近づきます。


本日の新聞記事には、日本製の中国茶器が中国で人気となっているという記事がありました。



愛知県常滑市特産の常滑焼の急須が、お茶の本場、中国で人気を集めている。高品質ながら数万円と比較的手ごろな価格が現地の人たちに愛され、生産が追い付かないほど。産地全体のまとまった数字はないというが、店によっては、売り上げが二年前の五倍にもなるという。国内市場が低迷する中、関係者は「神風が吹いたよう」と期待を寄せる。



日本製の良質なものや、一点物には需要がありそうですね。


パートナーホールディングスでは、起業したい外国人の方を事業計画からビザ取得、税務まで一括にサポートしており、当社のワンストップサービスは高く評価されています。

愛知県、名古屋市、東海地方で会社設立を考えている方は、パートナーホールディングスまで、一度お問い合わせください。 一緒に素敵な会社を作りましょう!


https://www.partnerhd.co.jp/


#ビザ #会社設立 #貿易業




14回の閲覧