【外国人の料理人(コック)】の独立開業

料理人(コック)として働いている外国人が、独立して自分のレストランを出す場合は、外国時の料理人(技能ビザ)から経営管理ビザに変更をする必要があります。


では、どのような状態であれば、経営管理ビザに変更できるのでしょうか。


経営管理ビザには、『独立した店舗があること』『500万円以上の出資または2人以上の常勤者(日本人)を雇用することが条件となります。

日本人のレストラン経営形態として『オーナーシェフ』(料理人自らが経営者である)があります。

しかし、外国人の場合は、『オーナーシェフ』となるには『料理人としての確固たる地位があること』『メニュー作成や多くの管理業務に従事していること』など、高いハードルがあります。

名古屋入国管理局では、オーナーシェフの経営管理ビザの許可は下りたことがないそうです。

従って、外国人料理人が独立開業する場合は、自分以外に調理上のスタッフとホールスタッフを雇用するほうが現実的です。

また、出資金が500万円以上あればスタッフはアルバイトでも問題ありません。

経営管理ビザの申請には、お店(会社)の経営計画、スタッフの構成や役割分担は『事業計画書』を作成する必要があります。


行政書士法人パートナーでは、事業計画書の作成からビザ取得まで一括してサポートさせていただきます。また、レストランの場所のご相談もグループ会社を通して承っております。

お気軽にお問い合わせください。


行政書士法人パートナー

名古屋市中村区

052-485-4678


#技能ビザ #経営管理ビザ #行政書士







23回の閲覧