入国制限で外国人実習生不足に 受け入れ企業も悲鳴

昨日の、ニュースでこのような記事がありました。

このニュースでは、中国人技能実習生を雇用している企業様に影響が大きくでている様子です。

これを機に、ベトナムやミャンマーといった国からの技能実習生がさらに増えそうです。


新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限で、外国人技能実習生が来日できず、受け入れ企業に影響が出ている。 埼玉県内の内装建築会社では、7人の中国人技能実習生がいて、3月以降に、さらに2人を受け入れる予定だった。 しかし、政府が新型コロナウイルスの感染防止対策で、中国からの入国などを制限したため、来日できなくなった。 現場責任者兼技能実習指導員は、「(仕事の)予定は立っているので、頭数の人数は入れていたので非常に悩んでいる。(今後については)考え中というか、想像がつかない...」と話した。 会社は、「技能実習生だが、業務に取り組める人数が減り、小規模な仕事しか請け負うことができない」と話している。 技能実習生を送り出している組合代表理事は、「(企業は)先が読めない。技能実習生がいつ入ってくるかわからないということで、仕事の受注ができない」と話している。 2018年に来日した外国人技能実習生は17万人以上で、そのうち中国からがおよそ25%だった。 中国の技能実習生からは、「春節で一時帰国していたので再入国が遅れそう」といった声が上がっている。


#技能実習生 #新型コロナウイルス #入国制限




335回の閲覧