帰化には日本語テストがあるのを知ってますか?

帰化申請時には、小学校3,4年生の日本語能力が必要といわれています。


そのため、日本語のテストが行われる場合があります。

管轄の法務局により、日本語テストを実施するケースに違いはあるようですが、愛知県では日本の義務教育を卒業していない場合は日本語を実施しております。


特に、中国語を母国語としている場合、「○○が」「○○は」などの助詞を抜いてしまったり、中国語の漢字を書いてしまったりすることにより、不合格となる場合が多く見受けられます。


また、就労ビザで日本の会社で働いている場合でも、テストに合格しない場合があります。

いくつか理由がありますが、一番大きな理由としては「外国籍の方が書く日本語」と「日本人の子供が書く日本語」の違いです。

日本語が母国語ではないから、少しおかしくても読む人が配慮するため、指摘されずにそのままになっていることが多いのです。


日本語能力を上げる方法は、毎日日記を書くことがおすすめです。


書いた日記を、日本人の方に添削してもらいましょう。

「理解できる日本語」ではなく「日本人が書く日本語」として評価してもらうことが非常に大切です。

もし、小学校以上のお子さんがいる場合は、お子さんにチェックしてもらうことも一つのいい勉強になるかと思います。



帰化はしたいけど日本語能力が不安という方も個別にアドバイスをさせていただいております。

ぜひ弊社までご相談ください。


#帰化 #日本語テスト

234回の閲覧