国際結婚

近年、外国人の増加に伴い、国際結婚が増えております。

国際結婚をして外国人配偶者が日本で生活するためには、『日本人(永住者)配偶者ビザ』の取得が必要です。

結婚する方の国籍や、届出を配偶者の国か日本国内のどちらを先に行うかにより、必要な書類が違います。


【日本で手続きを行う場合】

〇届出先

 夫か妻の本籍地、またはお住いの市役所か区役所

〇必要書類

 ・婚姻届

 ・提出する人の本人確認書類(運転免許証など)

 ・日本人の方:戸籍謄(抄)本(届出地が本籍地ではない場合)

 ・外国人の方:婚姻条件具備証明書、国籍を証明するもの(日本語訳も必要)


無事、婚姻届が受理されましたら、次はビザの申請となります。


【日本国内にすでに住んでいる場合】

 〇在留資格の変更

【海外に住んでいる場合】

 〇『日本人の配偶者等』の在留資格認定証明書の交付申請

 〇短期滞在で日本に呼び寄せ、来日後に『日本人の配偶者等』に変更

  ※短期滞在からの在留資格変更は、やむを得ない特別の事情に基づくもので

   なければ許可されませんので、国際結婚を理由とした変更は必ず認められる

   ものではありません。


<在留資格認定交付申請時の必要書類>

 〇在留資格認定交付申請書

 〇戸籍全部事項証明書

 〇住民税納付証明書

 〇住民票

 〇結婚証明書

 〇質問書

 〇身元保証書


当社では、国際結婚の届出前からのサポートも行っており、中国語、英語、ベトナム語、ミャンマー語の書類の翻訳から外国人配偶者の方のビザ申請まで一括でサポートしております。




16回の閲覧